今何時!?腕時計にもいろいろな種類があります

腕時計とはどのようなものでしょう

腕時計とは、腕にはめることによって、外出時などでも簡単に現在の時刻を知ることができるものです。今では日本標準時を電波として受け取り、自分で修正しなくても常に正しい時刻を示してくれる電波時計などもあります。外国に行くと自動的にその国の標準時に合わせてくれる機能を持ったものもあり、便利です。また、数字で時刻を表すデジタル時計や短い針と長い針で時刻を指し示すアナログ時計などがあります。自分が現在の時刻を知りやすいもの、時間の計算のしやすいものを選ぶと良いでしょう。

腕時計の歴史とは!?

腕時計は最初はヨーロッパで女性が身につける装飾品としての意味合いがありました。時計を組み込んだブレスレッドのようなものでした。しかし、当時は懐中時計が一般的であり、特に男性は懐中時計で時刻を知っていました。そして、その後に軍事的に懐からわざわざ時計を取り出すことなくすぐに正しい時刻を知るために腕時計として製品化されてきた、という歴史があります。日本では1913年に服部時計店が初の腕時計を発売しましたが、普及してきたのは戦後となってからでした。

ファッションとしての腕時計

腕時計にも男性用のハードなものや女性用の小さくかわいらしいもの、カバンにつけるタイプなどさまざまな種類があります。また、防水機能がついたものや防砂機能があるものなどもあります。腕時計もファッションアイテムの一つとして、いくつか用意しておき、その日の目的や行く場所、服装などによって変えてみましょう。カバンや靴を変えるように腕時計もその場その時に合わせて変えるとトータルコーディネートを楽しむことができます。

ヨシダの公式サイト